ウゴガベ

ugogg阿部音楽紹介オタク感想雑記日記告知ブルトン身長60m体重6万t

20220624日記+簡易音楽レビュー

日記

一日中外回り。すごいとこに猫がいたのだが客先だったので写真が撮れなかった。
車の買い替えについて信頼できる人に相談し、信頼できる新しい知見を得られたので良かった。
高い湿度に体力をすっかり奪われてしまった。何故か胃腸の調子も良くない。いっぱい寝るぞ~~~

 

音楽

疲れてるので複数を簡潔に。記事名にバンド名を入れないのは検索避け。

GREENMACHiNE - GREENMACHiNE

greenmachine-hardcorerock.bandcamp.com

2020年作。ハードコアロックと自称しているが、ストーナー、ハードコア、メタルあたりのかなり絶妙な間の子。基本的にはスピード感のある楽曲にストーナー系のリフとシャウトが乗る。素晴らしいバランス感覚の楽曲はどれもハード&ヘヴィでありながら楽しいし、時々NWOBHM的なリードギターをするのは意表を突かれて面白い。最終曲は暑苦しいジャパコアで最高。

 

Guevnna - Heart of Evil

guevnna.bandcamp.com

2016年作。かなりBongzillaに近いスタイルだが、アレよりも若干洗練されて軽妙な感じ。スラッジリフでありながら4つ打ちの楽曲が2曲あり、アルバムのアクセントとしてめちゃくちゃいい。純粋なスラッジコアとして聴いてもかっこいい。歌詞カードがなく、代わりに全楽曲分のコンセプトアートカードが封入されており、殺伐とした世界観の一端がうかがえる。

 

SWARRRM - ゆめをみたの

swarrrm.bandcamp.com

2021年作。日本語歌詞をがなるように歌う唱法を取り入れていたことは以前から知っていて、今年リリースのkamomekamomeとのスプリットで実像を知ったけど、近年のアルバムを聴くのはこれが初めて。
やっぱり歌唱の癖がどうしても苦手なんだけど、それを遥かに通り越して歌も曲も良い。カオティックなグラインドコアと歌謡の融合に完全に成功し、「優しいグラインドコア」に成功している。ボーカルだけでなく、いびつかつメロディアスなギター、ブラストビートの表情が豊かなドラム、主張度合いが本当にちょうどいいベースなど、全てが完璧。グラインドコアにメロディを加えたという足し算の音楽ではなく、「うたグラインドコア」を新たに発明した、という創造の音楽。

 

Necrony - Pathological Performances

necrony.bandcamp.com

1993年作の2021年再発。
Nasumのメンバーがやってたゴアグラインド/デスメタル。プロデューサーがEdge of Sanity/NightinGaleのダン・スワノ。Carcassの2ndあたりが元ネタっぽいゴアメタルでめちゃくちゃ出来がいい。これが長年再発されずプレミア化していたなんてデスメタル回の損失だ。音作りも迫力と陰湿さを両立しており素晴らしい。本家の諧謔精神をフルートやアコギの活用などにより、より直接的な形で表現しているのが突拍子もなくて面白い。時折入るメロディは流石にビル・スティアーよりはシンプル。勢いのあるアートワークが素晴らしい。

 

20220623日記

日記

職場の風通しの悪さ(コミュニケーションとかでなく物理的な意味で)を実感する季節になってきたぜ。
運転中の信号待ちの際、前で止まっていた車の運転席から数秒おきに手が出たり引っ込んだりしていたので何だ?と思ってよく見たら、吸い殻を一本ずつ、何回も捨てていた。「灰皿まるごとブチ撒けるのは気が引ける」みたいな小悪党の良心を感じて、かえって余計にムカついた。お前それ自宅前の道路でやられたら嫌だろう、人の心とか無いのか?と思っていたのだが、信号が青になると、交差点を超えてすぐにある家の駐車場に左折して入っていった。自宅前の道路でやってたのかよ。

命名

今日命名したものごと
①横向きに寝転がり(横臥し)、上にある方の腕を体と垂直に、天井に向かって伸ばす。その状態でひじの力だけをフッと抜くと重力の力だけでゴリラのドラミングの動作ができる。→Gravity Gorilla
②なんJ民が使う反語→反ゴ

 

良いインターネット

現代の最新プラモデル事情(もぎ取るだけのプラモデル、3Dプリンタ活用、KPS……)の"ちょうど先"という感じがSF感あってよい。

20220622日記

日記

夜まで労働。夏バテなのかなんなのか、頭がずっともやもやして脳が培養液の中に浮かんでいるような感じだった。

家の洗面台をふと見たら、夫婦の歯ブラシのカラーリングがマジでミライトワ&ソメイティと完全に同じだったので嫌な気分になった。粉砕 中止だ中止

 

今日、ダ・ヴィンチ・恐山が「頻出するツイート文体100選」みたいなタイトルのnoteを投稿した。discordのグループで集まった「ありがちなバズツイ文体」みたいなやつを羅列する内容だった。しかし批判かなにかがあったのか記事は削除、本人はなんだか気疲れしてそうなツイートを投稿していた。
私はその記事を「あるある」「この文体は業者っぽいよな」「そんなの見ないけどなあ。Twitterは広いなあ」くらいの感覚で見ていたのだが、TLを流れていった感想にはそういったものの他に「性格悪いな~w」みたいなニュアンスが込められたものが数多く見られた。「まだ名前のついていない犯罪行為だろこんな記事(うろ覚え)」とまで言っている人もいた。
で、わたしはそもそもあの記事のそういう露悪性というか、性格の悪さみたいなものを読み取れなかった。今も全然わかっていない。
いや、厳密には記事を読み、コメント欄を見た直後には「たしかに性格悪いな~(笑)」くらいのことを思ったが、よく考えるとコメントの流れに沿って自分の内心が同調圧力への適応機制を見せただけであることに気づいた。そして、そういうバイアスを抜いて記事を読んで見れば見るほど単なるあるあるネタの羅列にしか見えなくなっていった。なんというか、オモコロチャンネルでたまにやってる「"いる"人いじり」ネタとか品田遊名義の小説作品とかの雰囲気で、受け手側に変なバイアスがかかっている気がする(下手したら恐山自身の内心にすら)。
上に書いた自分自身の意見にも、実のところ自信を持てていない。「いやあれは性格が悪いだろ」派の意見を精読していないまま書いた、独りよがりな内容だからだ。しかし、ある程度整理された「悪い派」の意見が目に入らなかったので、仕方なく気持ちの整理として書いている。なんかみんな「悪い」という断言か、恐山をキャラクター化したような言及ばっかしててよく分かんなくて……。そもそも真面目な意見は検索避けされているのかもしれないな。

 

くそ~~~~~~~!外は酷暑、家は東京五輪、インターネットは混乱、もう嫌だ!!!!!!!!

 

あっ、でもめちゃくちゃ大量の佐藤錦さくらんぼ)もらったからいいや。地域柄「佐藤錦は他人に贈るものか人から贈られてタダで食うもの」という風潮があるのだが、今年はもらいチャンスをいくつか逃していたので「もしかして今年はNo Cherry or Paid Cherryなのか……?」と不安になっていたのだ。よかった~~~~~~甘くてうめ~~~~~~~~~~

 

20220621日記

日記

夜まで労働。気の長い仕事をやっているが、中長期的に行き詰まって組織の総意として投げ出すビジョンしか見えず、やってらんねーぜという気持ち。コーヒーもこぼしたし。知らね~~~~~~~

スマホで録音してみたが後で聴いてみたら風切り音しか入ってなかった。もっと色んな人に聴いてほしかったのが半分、自分だけの特別なライブみたいで楽しかった気持ちが半分(終わっている田舎なので通行人なんて一人もいない)。

平日にふと思ったことはツイートするタイミングを逃すと忘れてしまいがち。筆記具を持ち歩きたいけど、クールビズだとメモパッドもペンも邪魔で邪魔で……。

 

音楽

humaninstrumentalityproject.bandcamp.com

中国広州日本語詞エヴァデスコア2021年作。一曲めが残酷な天使のテーゼの日本語カバーだったので笑ってしまったが出来は結構いい。うっすらシンフォニックなアレンジもクドくない。あからさまな歌詞やサンプリング(4曲目は途中でなんと第九が流れる)を笑いつつも楽曲の迫力には舌を巻く佳作。

20220620日記+簡易音楽レビュー(シャニマス、SideM、Blessed Sickness)

日記

労働に身が入らなくてsimplenoteに二次創作を頑張って書いていたのだが同期ミスか何かでデータが吹っ飛んだので「あ~もう知らない!!!」となった。

 

アイマス

サポート千雪さんの色使いが凄い。

 

良いインターネット

www3.nhk.or.jp

絵面が最高すぎ。

 

音楽

THE IDOLM@STER SHINY COLORS PANOR@MA WING 02

www.youtube.com

個人的にはそこまで響かなかった。基本的にきれいで楽しそうな曲があまり好きではないので……(今までのイルミネも好きな曲はTwinkle Wayとスマイルシンフォニアくらい)。灯織役の人の歌い方が結構変わっている(特にFelice)。低く強く、を意識している感じがあってこれもそこまで好みではなかった。

 

THE IDOLM@STER SHINY COLORS PANOR@MA WING 03

www.youtube.com

浮動性イノセンスは良く言えば原点回帰的、悪く言えばバベルシティの焼き直しっぽい久しぶりのメロスピ。ギターとベースは生演奏らしいけどそのおかげで初期曲より圧倒的にメタル的な強度が上がっていて良い。
愚者の独白はかなりSideMのLegendersっぽい感じ。特にStrings of FateとかPermafrostとかの路線。Cメロが咲耶&摩美々に委ねられていることに意外性がある。

 

THE IDOLM@STER SideM GROWING SIGN@L 08 Altessimo

www.youtube.com

Infinite Octave!は本シリーズの中で今のところ一番好きな曲。ゲーム版や視聴版ではわからないのだがCメロ→ラスサビ→アウトロ(ゲーム版の3倍程度に伸びている)、という一連の流れがたいへん美しい高揚感に満ちている。
初期楽曲だと土岐隼一(都築圭)の高い歌唱力に永野由祐(神楽麗)のパフォーマンスが追いついておらず、好意的に見ても「必死に食らいついている」の域を出なかったが前シリーズあたりから永野氏の歌唱力が明らかにレベルアップして十分張り合えるレベル(それでも土岐氏のほうが上手いが)になっていて、楽曲のドラマチックさに一役買っている印象。
今ふと思ったんだけど、

これもしかして正解?

 

Blessed Sickness - Massacre The Holy

www.youtube.com

景気の良いタイトルの1994年作カセットの2021年初CD化リリース。
音量調節もリマスターも特にされていない──ひょっとしたらカセットをダビングしただけなのか──劣悪な音質&極小音量だが、楽曲はスラッシーなパートを軸にしながら爆走と牛歩を繰り返すコテコテのデスメタルでいい感じ。オカルティックな響きのギターリフと壮絶すぎる絶叫ボーカルが聞きどころ。中盤でプログレ趣味も見せるがそっちは退屈なだけ。
ボーナストラックに2008年のライブEPが丸々入っている。こちらのほう音に迫力があるがボーカルの音量が大きい分若干ギターが埋もれてしまっている。

20220619日記

日記

ニチアサ、買い出し、掃除、整理整頓、ハーシュノイズリスニング、シャニマス、サイスタ。最近卵の消費速度が異常だったので多めに買った。

整頓のついでに、こういうネット上で見聞きしたライフハック小ネタを実践する日にもした。

ニチアサ

ドンブラザーズは相変わらずぶっ飛びつつ(メンバーの変身グッズを強奪して昔話のヘイト二次創作を朗読しながらレッドを奇襲する追加戦士って何?)しっかり物語が深みを増していて面白いんだけど、リバイスは「ここ掘り下げたら整合性が取れる上に深い話になっただろうに……」みたいな部分が多い。特に今回は赤石長官と牛島パパ。

この人も言及している倒れる瞬間のつぶやきや、あとは赤石長官が座り込んで投げやりに家族写真を放りつつも複雑な表情をみせるシーン、自分の肉体をコントロール下においている人間ふたりが出せるとは思えないニュアンスで、あまりにも凄まじい演技だと思う。話の積み重ねが甘いので100%入り込むことは出来ないんだけど、この演技だけでなんだがすごくしんみりしてしまった。
赤石長官も、自分が負ってしまった大きすぎる重圧を分かち合う大二に対してはここ数話で手駒以上の深い感情を見せ(そしてそれ以外の部分では絶望感や重圧で完全に精神が崩壊しており)、その偏愛が牛島パパの「使命感と家族愛のゆらぎ」、一輝の「あまりにピュア(≒時として矮小で薄っぺらい)な兄弟愛」、さくら&アギレラの「バチバチやったあとだからこその時として厳しい友情」などと対立構造になっていて面白い。
でもここ掘り下げていくと兄弟喧嘩がなあなあになりそうだし、かと言って放り出すとラスボスの精神性を無視することになるし……きれいに終わるといいけどな。

 

漫画

r-cbs.mangafactory.jp

1巻が出たので買った。かなりいい感じのスピンオフで、魅力的だったキャラの、ちょうど掘り下げても無粋にならないレベルの空白や"その後"を取り扱っている。仗助に関しては4部と整合性が取れなくなりそうな立ち回りをしているが、ワクワク感が先行して余り気にならない。絵がうめ~~~。

20220618日記

日記

友人宅ガレージでBBQ……と言うより「プルドポークを食べる会」を開催。美味かった。
自動車の乗合せで向かったのだが、事前にLINEグループで社内BGMを全員が推薦しプレイリストを作っておく、というやり方が実施され、これが大変良かった。全員がわちゃわちゃと楽曲のプレゼンができるし、「流したい曲あって……あれ、どこだっけ、前検索したらspotifyにもあったんだけどな~……」みたいな選曲のラグもない。
私が提案したリストはこれ。一人7曲まで&Amazon Musicにある楽曲のみという縛りに加え、メタルファンばかりの車内&眠くならない元気めな楽曲、という思惑があった。
Night of The Demon/Demon
Aaj/Bloodywood
ナイーブレターズ/kamomekamome
Crying Softshell Turtle/Leenalchi
Last Day/Her Name in Blood
Spectrum of Eternity/Soilwork
The Catacombs of Fear/Invictus

日帰り温泉に入ってから解散したので全身がもう急速のモードに入ってしまった。

 

アイマス

www.youtube.com

これはこれでいいね!ハイジョなんかかなりそれっぽい。全曲新曲っぽいのは嬉しい。リリースしてくれないかな。特にC.FIRSTの曲とかいい感じ。